昔の住宅ローンとは?

現在やや景気に明るさが出てきたことから、一戸建てやマンションなどの住宅を購入したい、と思っている方も増えているのではないでしょうか。そういったときに必ずといって利用するのは「住宅ローン」というもの。

自己資金が潤沢にあって、キャッシュで住宅を購入できるかたは稀ですので、ほとんどの方は「住宅ローン」を利用するものです。
現在は住宅金融支援機構が行っている「フラット35」という商品が有名で、低い固定金利での購入が可能になっています。

しかし以前の「住宅ローン」にはさまざまな「欠陥」ともいえる部分が存在したのです。もちろん「バブルの時代」にはその好景気ゆえの「金利の高さ」というものもありましたが、単純に金利の高さだけでは語れない恐ろしいシステムが存在していたのです。それは公的な機関であった住宅金融公庫、現在の住宅金融支援機構が行っていたものなだけに、その商品を誰もが信頼して申し込み、現在もそのローンに苦しんでいる方が大勢いるのです。

そのように聞くと、「現在の低金利の商品に借り換えすればいいじゃないか」と思うかもしれませんが、それすらできないという現状があるのです。
ここではその現在の住宅金融支援機構の行っていた当時のローンの実態について詳しく解説します。このようなことを知ることによって、住宅を購入するときにはしっかりと「住宅ローンのしくみ」についても勉強しておく必要がある、ということを痛感するはずです。

Copyright © 2014 一昔前の住宅ローン All Rights Reserved.